気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】ブログが継続できないならば、短文で挑戦してみるのはどうかしら

自分自身への提案です。

ブログを続けようと思っても文章書くのは苦手。
かといって、口頭で説明するのも苦手。

「苦手だから」と、逃げ続けていたら
最終的に逃げることしかできなくなる。

じゃあどうすれば良いか?

第1Step:

・苦手を抽出する
 要するに自己分析。
 できること、できないことを洗い出す。
 (できないことばかり考えてたら、ちょっと落ち込むので、  たまにはできることも思い浮かべるのがポイント
  ・TFSへの移行ができた
  ・Djangoのformsetが使えるようになった
  ・Kivyでテトリス作れた
  )

第2Step:

・苦手を考える
 どういうときに苦手だと思ってしまうのかを考えてみる。
 (今この記事を書いている際に、若干の苦手意識がある。
  下手くそな文章、語彙のなさ、稚拙な文章しか書けていないのではないかという心配)

第3Step:

・苦手と触れ合う
 ここでは自身の、「文章記述が苦手」ということについて触れ合うこととする。
 触れ合うという表現よりも、「経験する」の方が適切。
 
 まず大事なことは「たくさん文章を書く」こと。
 ただ、それだけではよろしくない。
 試行錯誤し、工夫して品質を高めるための努力をしていかなければならない。
 
 ツールとして、言語や執筆に関するスキル文書を読んだり、
 新聞読んだり、たまに歴史から学んだり、
 他の人の文章を読んだり・・・
 
 そういったことを「繰り返して」触れ合っていく必要がありそうだ。


結局何が言いたいかというと、
苦手を克服するために、このブログを継続して書いていきたいが、
長文だとどうしても継続できないため、ひとまずは短文で頑張ろうと思う。