気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【DBメモ】データモデリングの問題構成

データベーススペシャリスト試験の午後Ⅱ試験について、
参考書に設問パターンの記載があったため、メモしておく

トップダウンアプローチ

上流工程からデータのあるべき姿を描き、それを実現させるアプローチ。

  1. 現行システムの業務内容から概念データモデルを完成させる
  2. 現行システムの業務内容から関係スキーマを完成させる
  3. 業務改善内容に応じたエンティティ、リレーションを追加する
  4. 業務改善内容に応じた処理方法を記述する
  5. 現行の問題点を改善する方法を記述する

ボトムアップアプローチ

既存の帳票や画面イメージから概念データモデルを作成するアプローチ。
(現状改善型)

  1. 現行システムの画面や帳票イメージを用いて、概念データモデルを完成させる
  2. 現行システムの画面や帳票イメージを用いて、関係スキーマを完成させる
  3. 業務改善内容に応じたエンティティ、リレーションを追加する
  4. 業務改善内容に応じた処理方法を記述する
  5. 現行の問題点を改善する方法を記述する

感想

情報処理技術者試験の午後Ⅱ問題は、問題文だけで結構な文章量になっている。

小説のように読んでいると、解答し始めるタイミングで、残り時間がわずかとなってしまう。
(セキュリティスペシャリスト、データベーススペシャリストの午後Ⅱ試験の文章量の多さに何度か泣かされた)
書籍によると、ある程度の出題パターンは決まっているとのこと。

従ってまずは以下の2点を意識する必要があると感じた。
・問題で述べているモデリングのアプローチ
・「どこに何が書いているか」という点から問題文を分析する読み方


過去の設問パターンにあてはめることができるように、
何度も解いてみることも重要そうだ。