気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【メモ】楽しいenchant.js-part05

背景の生成

  • preloadで生成して、assetsに格納した画像チップを利用。

    • draw(image)
      • 機能:サーフェイスに対して、引数で指定したサーフェイスを描画
    • draw(image, dx, dy)
      • 機能: サーフェイスに対して、引数で指定されたサーフェイスを描画
    • draw(image, x, y, sx, sy, sw, sh, dx, dy, dw, dh)
      • sx: 描画元のX座標
      • sy: 描画元のy座標
      • sw: 描画元の幅
      • sh: 描画元の高さ
      • dx: 描画先のx座標
      • dy: 描画先のy座標
      • dw: 描画先の幅
      • dh: 描画先の高さ
enchant();
window.onload = function() {
    game = new Game(320, 320);
    game.preload('http://enchantjs.com/assets/images/map0.gif');
    
    game.onload = function() {
        var bg = new Sprite(320, 320);
        var maptip = game.assets['http://enchantjs.com/assets/images/map0.gif'];
        var image = new Surface(320, 320);
        for(var j = 0; j < 320; j+=16) {
            for(var i = 0; i < 320; i+=16) {
                image.draw(maptip, 0, 0, 16, 16, i, j, 16, 16);
            }
        }

        bg.image = image;
        game.rootScene.addChild(bg);

    }
}

f:id:rinne_grid2_1:20150616070707p:plain

バーチャルパッドの利用

var pad = new Pad();
pad.x = 0;
pad.y = 220;
game.rootScene.addChild(pad);
  • game.inputプロパティから値が取得できる