気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【読書メモ】始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ(宝彩有菜さん)

この本をほとんど読み終えたので、読書メモ。

本当なら、読みながらメモするべきだった。。

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

始めよう。瞑想:15分でできるココロとアタマのストレッチ (光文社知恵の森文庫)

瞑想の効果

  • 理解力の向上
  • 集中力の向上
  • 記憶力の向上
  • 判断力の向上
  • 洞察力の向上
  • 発想力が豊かになる
  • 企画力の向上
  • 交渉力の向上
  • 悩みが減る
  • ストレスに強くなる
  • 優しくなる
  • 嬉しくなる
  • よく笑う朗らかな性格になる
  • クヨクヨしなくなる
  • イライラしなくなる
  • 健康になる
  • 熟睡できる

瞑想の目的

雑念を受け入れつつ、次第に無くし、頭の整理をすること。

瞑想のフェーズ(最大15分)

  1. 安定した場所を確保
  2. 座る
  3. 上体を前に倒す
  4. 目を閉じる
  5. 上体をゆっくり起こす
  6. 印を結ぶ(親指と人差し指の先をあわせて輪っかを作る)→寝落ち対策
  7. 通気(3回程度、大きく息を吸って鼻から勢いよく吐き出す呼吸)
  8. 深気(腹式呼吸)
  9. 姿勢を整える(2、3回程度、身体を左右に揺らして、背筋がまっすぐになっているか確認)
  10. 瞑想に入る(雑念を際立させるため、言葉を思い浮かべる 本の例では「オーン・ナーム・スバーハー」)
  11. 瞑想を進める(雑念が出てきたら、自分の考えていることを認めて、考えるのを後回しにする)
  12. 瞑想を深める(何も雑念が浮かばない状態)
  13. 瞑想を終える
  14. 上体を前に倒す
  15. 終了(リラックスする)

感想

本書を読んで、瞑想に挑戦してみることにした。

正直なところ、半信半疑ではあった。 しかし何事も試して、さらに続けてみないとわからない。

現状としては、まだ「雑念が浮かばない状態」いわゆる境地瞑想に入れていない。

従って、本来の目的である頭の整理が達成できておらず、瞑想の効果をまだ実感できていない。

何も考えないことがこんなに難しいとは思わなかった。

実際に浮かんできた雑念(?)は以下のようなものがあった

  • 翌日の仕事のこと
  • ソースコードが十分に書けていないこと
  • コードリーディングの目的が明確でないこと
  • 本を読むべきだということ
  • 「どうせ姿勢が悪いんだからまっすぐになんてならないよ」というツッコミ
  • 「なんか腰痛いんだけど」というツッコミ
  • 「もう寝た方がいいんじゃない」というツッコミ
  • 「今、何分くらい経過したの?」というツッコミ

雑念が浮かんだ状態のまま、15分が経過し、瞑想は終了となっている。

しかし、すぐに上達できるものでもなさそうなので、今後も継続していく予定。