読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【メモ】マインドマップのルール

実践! ふだん使いのマインドマップ

実践! ふだん使いのマインドマップ

感想

一通り読み終わった。 ビジネスにおいて、会議等でのブレストに利用するイメージが強かったけど、日常生活でも 十分に活用できることがわかった。

  • 自己紹介
  • 買い物リスト
  • スケジュール
  • 旅行計画
  • 夫婦間のコミュニケーション
  • 子供とのコミュニケーション

様々なサンプル(事例)が掲載されており、使いどころが非常にわかりやすかった。

自分自身が、ある言葉に対して、モヤモヤする理由を知るという事例もあり、 振り返りと今後の計画にもよさそう。数をこなし、慣れていくことで様々な場面で利用できるだろうと考える。

メモ

構造化

  • 生物 -> 動物、植物 -> ・・・
  • 意識しすぎるとよくない
    • 初心者が意識しすぎると、かえって描けなくなる
    • でもちょっとは意識しないとだめ
  • 思考ツールになるか、ちょっとユニークな言葉遊びで終わってしまうかの分かれ道になる
  • 何度か描くうちに自然に身につく
    • 描いているときに引っかかったら、たぶんそれは、構造化に関すること
  • あとから分類してもよい
  • 人の興味によって、出てくる「階層」が変化する
    • 分類が出てきたり、具体名が出てきたり・・・
  • 人はある程度、関連付けをして記憶している

TEFCAS

  • Trial(試行)
  • Event(実行)
  • Feedback(フィードバック)
  • Check(チェック)
  • Adjust(調整)
  • Success(成功)

心に残った言葉たち

  • うまくいかないことは通過点
多くの人はフィードバックに気を取られてしまいがちです。
自分が思ったようなものが得られないと「ダメだ」と思ってしまいますが、
そこは通過点にすぎないのです
  • 何事にも言えること
最初から完璧なマインドマップを描こうとするのではなく、まずは描いてみる。
「自分が知らないことを知る」というのは言葉の印象よりもずっと難しいことですが、
マインドマップで思考を広げていくことで、自分の持っている知識と持っていない知識を把握できることにも
つながります。