気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【RPGツクールMV】JSライブラリを使ってみる

先日、RPGツクールMVの体験版が公開されました。

RPG DL

あと少しで発売日(2015/12/14現在)なのですが、 どうしても我慢できず、使ってみることにしました。

個人的に使ったもの

  • 変数に値をセットする
$gameVariables.setValue(variable_id, value);
  • キー入力の受付
if(Input.isTriggered("keyname")) {
  // keynameが押されたときの処理
}

// keyname
/*
'tab',       // tab
'ok',       // enter
'shift',    // shift
'control',  // control
'control',  // alt
'escape',   // escape
'ok',       // space
'pageup',   // pageup
'pagedown', // pagedown
'left',     // left arrow
'up',       // up arrow
'right',    // right arrow
'down',     // down arrow
'escape',   // insert
'pageup',   // Q
'pagedown', // W
'escape',   // X
'ok',       // Z
'escape',   // numpad 0
'down',     // numpad 2
'left',    // numpad 4
'right',   // numpad 6
'up',      // numpad 8
'debug'    // F9

*/
  • Bitmapの作成と文字の描画
var sprite = new Sprite();
sprite.bitmap = new Bitmap(width, height);
sprite.bitmap.drawText("文字", x, y, width, height, align);
// Stageへの追加
addChild(sprite);
  • 画像ファイル(ピクチャ)の読み込み
var resource = ImageManager.loadPicture("picture_name");

感想

RGSS3と同じようなメソッド名やプロパティが提供されているので、わかりやすいです。

プラグインを作っていたのですが、もともと提供されているソースコードを参考したら、すぐに作れました。

// プラグイン呼び出し用
(function() {
    var parameters = PluginManager.parameters('PluginName');

    var _Game_Interpreter_pluginCommand =
        Game_Interpreter.prototype.pluginCommand;
    Game_Interpreter.prototype.pluginCommand = function(command, args) {
        _Game_Interpreter_pluginCommand.call(this, command, args);

        if(command == "PluginName") {
            switch(args[0]) {
                case 'play':
                  // ...
                break;
            }
        }

    }

})();

// 上記のように記述すれば、
// ツクールの「プラグインコマンド」でPluginName play
// といった形で呼び出せる。

RGSS3であったFiberに対応するものがない(?)ようなので、ちょっと困ります。

試しに作ってたもの

音ゲーみたいなものを作ってました。

f:id:rinne_grid2_1:20151214065228p:plain

ある程度できあがったら、ブラウザ版として公開してみようと思います。