気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】海外ミステリー等の読書について

夏を殺す少女

夏を殺す少女

最近、この「夏を殺す少女」が面白くて、半分近くまで一気に読み進めた。

二人の主人公に順番に視点が当たり、話が進んでいくような流れ。 途中で繋がるんじゃないかと思いながら、ワクワクしながら読んでいる。

「星を継ぐもの」を読んだ際にも思ったが、 海外の小説は、登場人物の名前を覚えきれない。

名前自体に馴染みがないというのもありつつ、長い名前ともなると、 「この人誰だっけ・・・」となる。

二人の主人公(?)のエヴェリーンと、ヴァルターは、何度でも出てくるので覚えることができた。

最初に登場人物紹介ページがあるので、そちらを参照すれば良いのだが、 電子書籍ということもあり、移動が面倒。

こういう時は紙の本が良いと、しみじみ感じた。