読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】メイン機をWindows10にアップグレードした

メイン機をようやくWindows10にアップグレードしたので、メモを残しておく。

基本的には、何事もなく無事にアップグレードできた。

個人的には、特に違和感なく使えている。

(サブ端末としてSurface Pro3を利用しており、 そちらはすでにWin10にアップグレード済みであるため)

目次

Windows10にして本当に大丈夫なのか

正直なところ、メインで使っているPCをWindows10にアップグレードするのは不安だった。

以下の記事で今年夏のWindows10向けアップデートで bash対応されるということがわかり、不安に思う中、アップグレードを決意した。

japanese.engadget.com

PC構成

  • 2010年4月にドスパラで購入したタワー型に、いくつかパーツ交換を実施
    • Prime Monarch ZF
    • OS: Windows8.1
    • マザーボード: ASRock X58 Extreme
    • CPU: Core i7-960
    • メモリ: 12GB(PC3-10600(2GB) × 6)
    • ストレージ: CT512MX100SSD1(C: 150, D:残)
    • グラフィックボード:Geforce GTX650 2GB
    • オーディオキャプチャ: UA-4FX(Roland)
    • TVチューナ: BUFFALO DT-H10 PCI

Crucial [Micron製Crucialブランド] MX100シリーズ ( 512GB / 2.5インチ / SSD ) 国内正規品 CT512MX100SSD1

念のため最初にやったこと

  • システムイメージの作成
  • 回復ディスクの作成

アップグレード実施

右下に常駐しているWindowsマークから、「アップグレードを予約」する。

なお、僕の環境ではマークをクリックした後、 アップグレード予約のウィンドウが「応答なし」となってしまっていた。

しかし、5分~10分放置しておくと、「応答なし」が解除され、きちんとウィンドウ内容が表示されるので、 気長に待てばOKだと思われる。

予約時間になると「準備完了」というウィンドウが表示されるので、 表示内容に従って、作業を進めていく。

アップグレード結果

基本的に問題なし

ただし、地デジチューナー(DT-H10)が動作しなくなったため、一度アンインストールし、改めてインストールを実施

起動確認したソフトウェア(一通り問題なし)

なお、驚いたのはUA-4FXのドライバがWindows10経由で直接インストールされたことだ。 特に意識してドライバダウンロードし、インストールせずともデバイスを認識してくれた。

一部問題あり

  • PCast TV for 地デジ Lite (上記にも記載どおり、一度アンインストールし、再度インストール対応を実施)

初回はドライバ系が不安定になる

再起動もしくは一度電源を落として、改めて起動するとほぼ解決している。