読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】嫉妬について

雑記 嫉妬について

最近、なんとなく、とある方をすごく尊敬しつつ、 嫉妬の感情を抱いていることに気づいた。

その人のツイートを見ると「すごい」と思いつつ、非常にモヤモヤする。

いい機会なので、嫉妬について調べていたところ良い記事を見つけた。

www.huffingtonpost.jp

結果だけ見るのはNG

ネットには"すごい人"がたくさんいる。 ごく平凡だと思っていた人が、ある日とつぜん頭角を現すことも少なくない。 自分と対等のように見える相手が、自由に空を飛び回っている。 その姿を目したときこそ、"見えない部分"に想いを馳せたい。

他人の努力は見えない

努力は誇るものではない。 努力はいつだって見えない場所に隠される。 彼らを対等な相手だと考えるのは、言うまでもなく私の勘違いだ。

自分を振り返る

彼らの積み重ねてきたモノに想像をめぐらせたあと、自分の手のひらをじっと見つめてみる。 自分が経験してきたことを、積み重ねてきたモノを考えてみる。 そこには、たぶん彼らの無視してきたものがある。 すると、嫉妬心はウソのように消えていく。

自分は?
・DjangoでWebアプリが書ける
・CakePHPが使える
・RGSSが書ける
・ツクールゲームを完成させて、人を楽しませたことがある
・会社で、色んなところから声がかかる
・楽曲が作れる
・物事の継続ができる
 ・ブログを毎日書いている(400日以上続いている)
・その他

以下、感想。

その人の努力が見えないからこそ、 完璧超人に見えるということが理解できた。

振り返ると、色々と実践できており、全くダメというわけではない。 (そもそも対比できるものじゃないし、比較すべきではない)