読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】今度はカラオケに行ってきた

雑記

数か月ぶりに、友人と一緒にカラオケに行ってきた。

時間としては、フリータイムで、約6時間。 こんな長時間、カラオケボックスに入り浸るのは学生の頃以来だと思う。

久々にものすごく楽しめた。

しかし、同時に1点問題だと思うことが出てきた。

それは、最近、新曲に全く関心を向けておらず、テレビ(CM)も見ないため、 自分が歌える曲がものすごく古くなっていること。

カラオケに行くメンバーが、気兼ねなく何でも歌えるメンバーであればよいが、 会社の人たちと行くときのことを考えると、少々検討しなければならない。

好きなアーティストはぼんやりしていて、 耳を通して「良ければ買う」というスタンスであるため、自発的に動かないというのが大きいのかもしれない。 (○月に新曲が出る・・・といった情報を自らの手で探しにいかない)

新曲といえば、アニメの曲くらいしか知らず、そちらはたまに購入する。

しかしながら、ほとんどが女性ボーカルであるため、 気に入った曲があったとしても気持ちよく歌えず、残念に思う。

頻繁にカラオケに行くわけではないが、やはり新しい情報を収集するという点においては、 守りに入るのではなく、少々攻めの姿勢に転向してもよいのではないかと思う。

では具体的に、攻めの姿勢に転向するためにはどうすればよいのだろうか?

先ほど上記で、「良ければ買う」という記載をした。 したがって、自分が現在「歌える曲」として知っているアーティストをたどる方法が一番の近道だと考えた。

例えば

  • アーティストのWebページを参照する
  • TwitterFacebook等を確認する
    • リストに入れて、必要な情報のみに絞り込む

このような形から実施していけば、少なくとも新たな情報を得ることができるはず。

また、今はAmazon Musicという素敵なサービスが存在する。 そちらから、楽曲を検索するのも良さそうだ。