読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気ままなタンス*プログラミングなどのノートブック

プログラミングやRPGツクール、DTM、VOCALOIDについてのんびり書きます。

【雑記】読書に関する回答に救われた気がする

雑記

読書内容を覚えておくことができず、「自分はなんてダメなんだ」と考えることがよくある。

読書から何を得るべきなのかがわからなくなっていた。

そんなとき、以下のページを見つけた。

oshiete.goo.ne.jp

質問内容としては、

「読書をしてもすぐに忘れてしまう、みんなはどうか?」というもの。

ベストアンサーにすごく励まされた。

引用(Y-N-Sさん)

特に読んだ本の内容は憶えようと意識はしていません。
それに本に書いてあることすべてが重要なことじゃありませんし。
自分がいいと思ったフレーズや文章をたまにメモったりする程度です。
読書はなにかを得るためのものじゃなくて娯楽や生活の一部ですから
無駄という感覚があまりありません。
無駄になったら無駄でいいし、もう一回よむ楽しみができます。
それに完璧に無駄にはならないと思います。
思い出せなくても無意識下で脳に残って力になるかもしれません。

  • 記述内容がすべて重要なわけではない
  • 読書は「娯楽や生活の一部」
    • なので、無駄という感覚はない
  • 良いと思った文章や気になるフレーズはメモをとる。

教科書的なものを読む場合は、内容を理解しながら読み進めていく必要があるが、 それ以外(小説や新書等)は自分を基準にして、良いと思った部分をメモに残す。

これだけでいい。

今までの読書で、確かに気になる部分をメモしてはいたが、 それは「ブログに書くため」であり、あれもこれもと欲張り、情報過多になりがちであった。 (本の内容を理解するという目的を実は持てていなかった?)

本当に心に残った・・・というか、気になるものを抽出する。

この作業について、なんとなく、PC等を使わず、 手帳やノートに手書きでメモに残すという作業を行ってみようと考えている。